FC2ブログ
9月から10月にかけては、各地の大学で秋学期が始まる時期であると同時に、国内外で学会が相次いで行われる時期でもあります。

私も、都合のつく限り学会発表の機会は多く設けるようにしているので、

IMG_20180917_090022.jpg
9月17日に東京の所属先で、

IMG_20180925_114541.jpg
9月24日にブダペストのCentral European Universityで研究発表を行い、続く9月30日には京都の立命館大学での発表を予定していたのですが、

IMG_20180930_112553.jpg
台風の影響で京阪神地区の列車が運休。それに伴い、研究発表は延期となりました。

当初の予定では、9月29日から30日にかけて学会に出席し、その後、先斗町にあるお気に入りの店で夕食をとってから帰京…などということを考えていたので、帰路として予約していた新幹線は台風のピークに当たって運休。幸い、京都駅近くに手頃な宿がとれたこともあって、京都滞在を1日延ばすこととしました。

IMG_20180930_131611.jpg
急遽時間の空いた30日は、午前中から昼過ぎにかけて嵐山へ。このところ、京都での周遊先は鞍馬・貴船や比叡山などの叡山電車沿線が多く、嵐電沿線を回ったのは5、6年ぶりでした。渡月橋は先日の台風21号で下流側の欄干が流失しており、先日、そして今回と相次ぐ台風被害に心を痛める場面もありましたが、初めて京都を訪れたというインバウンドの旅行客の方と話をする機会も得るなど、充実したひと時となりました。

その後、台風が通り過ぎた後の1日に東京へ戻ったのですが、このトラブルに起因する意図せざる結果ながら、

IMG_20181001_135627.jpg
開業記念日である10月1日に、東海道新幹線に乗ることとなりました。

1964年10月1日に開業した東海道新幹線は、今日では定員1323名の列車が10分おきに走り、繁忙期にはそれでも立席が出るという、まさに我が国の大動脈である訳ですが、「鉄道斜陽化」が「常識」として語られていた1960年代当時、世界銀行から融資をとりつけてまで500kmの高速鉄道を建設することには、世論の少なからぬ批判がありました。

以前の記事でも引用したことのある文言ですが、この批判に向き合ったある国鉄幹部は、新幹線開業の半年前に刊行された著書の中で、このように訴えています。

新幹線に対する評価は今なお一致していない。「そのうちに、新幹線の用地が高速道路に転用される時代が来る」という交通専門家もいる。そのような時代が来るか来ないかは、将来の実績が明らかにしてくれるだろう。

我々は今後長く利用されるものと信じて新幹線をつくったのである。十九世紀末に先人がこしらえた東海道線は、何十年後の今日、幾多の改良を経て、ますます大きな役割を果たしている。それと同じように、二十世紀後半の新幹線も、我々の思いも及ばないような革新を重ねながら、二十一世紀の将来においても国の大動脈として長い生命を持つことを期待したい。

(角本良平『東海道新幹線』中央公論社、1964年)

その後の東海道新幹線の歩みは、冷静かつ正確な現状認識に基づいて下された判断は、時に常識を覆すということを私たちに教えてくれます。そして私は、研究者という職に就いていることもあり、この「冷静・正確な判断は、時に通念を覆す」ことを、自らのモットーとしてきました。通念を覆すことが、「誰か」の利益になると信じつつ…。

そのモットーに基づいてこれまで書いてきた論文を、多少なりとも認めていただいた、ということになるのでしょうか。私は、この度所属学会の一つより「北東アジア学会優秀論文賞」という学会賞を授かりました。関係者の皆様に、心から御礼申し上げます。

もとより、地域研究の学会による、若手向けを意識した論文賞です。30代半ばにして、ようやく自分の研究が一定の価値を認められるようになったに過ぎない…と捉えるべきでしょう。より「上」を目指し、しかし同時に、先行研究に潜む通念に挑み、新しい「何か」を提示する自分の作業が「誰かの利益」になることを引き続き信じ、研究活動を続けていきたいと思っています。

<おまけ>
IMG_20181001_130027.jpg
昨日、静岡県の富士川橋梁を通過中の新幹線から撮影した車窓です。快晴に恵まれ、富士山がよく見えました。
スポンサーサイト
2018.10.02 / Top↑
9月4日から16日まで、公務で2週間ほど韓国に滞在しておりました。

今回の渡航目的は、

IMG_20180905_114134.jpg
大統領官邸•青瓦台および国会図書館での研究資料収集、並びに

IMG_20180912_151232.jpg
所属先が同国の私大•延世大学と共同で実施している短期留学プログラムの引率業務。この2つの案件が重なった結果、比較的長期の出張と相成りました。

DSC09703.jpg
延世大学で行われた所属先学生と先方学生の合同セミナーでの一コマ。所属先の教員として、セミナーのconcluding remarksを述べさせていただきました。

この所属先と延世大学との交流事業、私は韓国政治が専門ということもあって昨年、今年と2年連続で従事しているのですが、今年は交流事業中に先方で定例人事異動があり、日本側との交流担当の責任者が交代するという出来事がありました。

韓国は、大統領が交代すると政府の方針が大きく変わる、というお国柄です。民間企業や大学、あるいは教会などでも、社長や学長、牧師といった責任者が交代すると、組織の方針はガラリと変わり、前任者の方針が変更されたり、はたまた前任者までの間に積み重ねられた外部(外国)との交流さえ撤回されることが珍しくありません。中国政治ほどでないにせよ、韓国が「法治主義」よりも「人治主義」に寄った国だということは、韓国と関わる人であれば概ね同意するだろうと思います。

ですから、日韓の間で仕事をしていると、組織としての継続性を重視し、責任者が交代する場合も念入りな引き継ぎが行われる日本の団体が、韓国側の人事異動に振り回されるという場面をしばしば目にします。この現象、アメリカで大統領が交代するたび、日本政府が新大統領の対日政策に過敏になるのに似ています。

大変幸いなことに、今回は先方の新たな責任者が「日本の大学とは、是非とも交流を強化したい」という熱意の持ち主であり、私も非常に円滑に仕事を進めることができました。しかし過去、本件とは別に日韓の間で仕事をした際は、両国の間に横たわる組織文化の違いを日本側が受け入れられず、「韓国の組織は無責任だ。人事異動に際してまともな引き継ぎをしない」と不満を漏らす場面にも直面したものです。

ただ、上述したようにボスのトップダウンで物事を決める韓国の側からすれば、組織としての継続性が過剰に強調される日本との国際交流は、しばしば「意思決定が遅い」「責任者の顔が見えない」「責任の所在が曖昧な」交渉を要し、苛立ちを誘うところがあります。

一言で言えば、それほど「国際交流には異文化な者同士、軋轢がついて回る」ということになります。しかし、そのように互いの差異を頻繁に経験するからこそ、組織を巻き込んだ国際交流は、そこに関わる人間の個人的魅力が大きくものを言うのです。

教養、決断力、行動力、社交性、或いは誠実さ。交渉当事者が、国境を跨いで評価されるこれら要素を持ち合わせているか否か…。この点ゆえに国際交流事業の成否が分かれるという場面を、私はこれまでしばしば目にしてきました。国家間の複雑かつ大規模な外交交渉が、時に大統領・首相といった首脳同士の信頼関係に左右されるのも、この延長線上にあるといえます。

日本社会で生きていく上では、今なお「あいつは付き合いがいい」などといった、同質的なコミュニティへの順応度で人を評価する場面が少なくありません。それを完全に否定することはしませんが、しかし世界には、それとは全く異なる次元で人が評価される場面が無数に存在します。今回の韓国での短期プログラムに加わり、私の仕事を至近距離から見ていた学生たちが、そのことを少しでも理解してくれれば、と願っています。
2018.09.21 / Top↑
9月4日から16日まで、約2週間ほど出張で韓国に行ってきます。

このうち、4日から6日までは自分自身の研究調査を行い、そして7日から16日までの10日間は、昨年も担当させてもらった明治大学と延世大学の学生交流プログラム(いわゆる「短期留学」と呼ばれるものです)の引率役を務めることになっています。

今年、高麗大学の大学院に留学してから丸10年を迎えた身として、日韓交流の最前線に立つ機会を頂けたことをありがたく思っています。

さて、研究者として、或いは教員として国際交流に関わる中で私は、数多くの学生と出会い、話をする訳ですが、当然、彼らの「外の世界」に対する関心の度合いは一様ではありません。

積極的な学生がいる一方で、外の世界へ出ていくのに躊躇している学生に出会うことも多々あります。というよりも、(多くの方にとっては容易に想像できることでしょうが)大学全体としては、海外渡航に消極的だったり、それを躊躇してしまう学生の方が多数派です。

率直この上ない言い方をすれば、

「魚が好きな猫は多いが、水に入って魚を捕りにいく猫は少ない」

という格言が的を射ていることを実感したりもする訳ですが、他方、一部の学生が「留学したとして、その先で上手くやっていけるか、その先の人生を切り開けていけるか…」という不安を打ち消せずにいることは、分からないでもありません。

私自身、自分自身で人生を切り開いてきた…などとはとても言えない経歴の持ち主です。そもそも、10年前に高麗大学に留学したのも、先方の教員から「うちに来ないか?」と誘われたことによるものです。他にも、明治学院で事務の仕事をするようになったのも友人の紹介によるもの、さらには昨年英文雑誌に研究論文を発表したのも、編集委員会からの薦めによるもの…と、自分の歩みを振り返れば、(精力的であり、アクティブであるという周囲の評価とは大きく異なり)自ら決断を下し、道を切り開こうとするよりも前に、他人に背中を押されてきた場面の方が目立ちます。(ただし、勿論、人生の各場面で私の背中を押してくれた方々への感謝の念は尽きません)

自力で人生を切り開いたなどとは到底言えず、背中を押されながら歩んできた私ですが、それでも上述のような不安を抱いている学生(というか、人生の後輩たち)に言えることがあるとすれば、それは、「一たび背中を押された、進みだした後は、後ずさりすることなく、止まることなく前へ進んできた」という点に尽きるでしょうか。

幼馴染である友人のお父さんで、子供の頃私を可愛がってくれた方がいるのですが、この方は会話の中で「できるでしょう?」「やれるでしょう?」という言葉をしばしば用いていました。それは私が成人してからも変わらず、

学部生の時→「英語と韓国語を両方修得中です」「できるでしょう?」

韓国留学直前→「半年ごとに学業成績の審査があって、成績良好と判定された場合のみ、次学期の奨学金が給付されます」「やれるでしょう?」

といった会話を交わした記憶があります。

このシンプルな、「できるでしょう?」「やれるでしょう?」という表現、言い換えれば「自分の可能性を信じる」ということになるかと思います。「自分に自信を持つ」ではなく、「自信はないかもしれないけど、とりあえず自分の可能性を信じてみる」と。

一たび背中を押された後は躊躇せず前に進む、という自分のこれまでの歩みも、そうして自分の可能性を信じてみる場面の連続だったと言えるかもしれません。

「自分に自信を持て」と他人から言われて初めて自信を持つような人間などまずいないでしょうし、私自身、自分に自信を持って主体的に道を切り開いてきたとはとても言えない人間です。

ただ、大学の世界に身を置く中、要所要所で他人に背中を押され、それを追い風として進んできた者としては、折に触れて「ここは一つ、可能性を信じてやってごらん。君ならできるでしょう?」と、人生の後輩たちの背中を(そっと)押すことはできるかもしれません。

いずれにしても、来週から私が引率を担当する学生の中には、今回初めて韓国へ行くという人もいます。韓国留学経験者としては、自分の関わる国際交流プログラムが、彼ら/彼女らの背中を(あくまでそっと)押すものになれば、と思っています。
2018.08.31 / Top↑
IMG_20180806_105248.jpg

先週、エアアジアのプロモーション•チケットを使ってニュージーランドのオークランドへ行ってきました。

オセアニアの南半球部を訪れるのは、2015年11月のオーストラリア•ケアンズ以来となります。

IMG_20180805_152127.jpg
IMG_20180805_150448.jpg
IMG_20180804_170015.jpg

ニュージーランドといえば、自然豊かな島にして、人間よりも家畜の方が数が多いと言われるほど羊毛の生産や酪農、果樹栽培の盛んな国。イメージに違わず、100万都市オークランドも、都心から船や列車で1時間もいけば、広大な湿地帯や酪農地帯の中に身を置くことができます。

さて、豊かな自然と気候風土に恵まれ、農業の盛んなこの国は、隣国•オーストラリアと並ぶ農産物の輸出大国という顔も持っています(ちなみに、オーストラリアが得意とする輸出農産物は小麦粉。日本で食されるうどんの大半はオーストラリア原産のうどん粉で作られています)。国内人口が500万規模でしかないニュージーランドの政府は、自国の羊毛やワイン、そして酪農製品の輸出を積極的に推進してきました。その戦略は徹底したもので、外国への農産物輸出を促進する交換条件として、ニュージーランドでは農産物•食品への輸入関税はほぼ全面的に撤廃されています。

そして、先日アメリカを除く11ヶ国で改めて署名がなされたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)も、元はといえば、環太平洋諸国に農産物の輸入関税を削減させ、自国の酪農製品をより競争力ある条件下で輸入させようというニュージーランド政府の強い意思によって支えられ、推進されてきました。ニュージーランドはチリ、ブルネイ、シンガポールと並ぶTPPの原協定加盟国ですし、それに何より、TPPの原本はニュージーランド政府に寄託されています。

日本のTPP報道は、この協定が持つ「事実上の日米FTA(自由貿易協定)」という側面に光を当てる傾向が強かったように思います。無論、日本のメディアがそのように自国の視点からTPPを報じることは自然なことです。ただTPPには、オバマ政権時代に日本のメディアがしばしば報じた「TPPによって日本に自由化を迫るアメリカと、防戦する日本」という図式以外にも、貿易秩序をめぐる米中間の鞘当てなど、複数の重大な側面があることを見逃してはいけません。

地理的に欧米や東アジアから遠く、輸入品に輸送コストのかかるニュージーランドは、物価も少し高め。街中のフードコートでランチをとると、日本円で1000円以上かかります。

しかし、

IMG_20180804_210121.jpg
IMG_20180805_234257.jpg
(写真に写り込んでいるネコとカンガルーのぬいぐるみは、私が日本から連れてきたものです。特に意味はありません…)

ワインとブルーチーズは、それぞれ4NZドル(約300円)と手頃な価格で買える上、その味も高い水準に達しています。牛乳も安価な上に味が良く、現地滞在中は、毎晩ワインとチーズを口にしながら、その競争力の強さを実感していました。

日本国内にいて、かつ日本語のメディアにだけ触れていると、TPPのような多国間イシューも日本中心に捉えてしまいがちです。本業で国際交流に関わり、「国際化教育」にもいくらか関与する立場として、今回の旅行は、ドメスティックな枠組みにばかり依拠しない視点をいかに培養していくか、改めて考える機会となりました。
2018.08.11 / Top↑
私の勤務先である明治大学は、数年前から高校・大学連携プログラムの一環として、付属高校の生徒さんに学部の講義を聴講してもらい、「大学の授業とはどういうものなのか」を高校在学中に知っておいてもらう、という取り組みを行っています。

去る6月、私が経営学部で担当している「政治学」の授業にも、付属高校の生徒さんがいらしたのですが、先日、この私の授業を聴講された生徒さんより、聴講の感想を頂きました。

IMG_20180729_235806.jpg

公開書簡ではないので、プライバシーの関係上、全文を公開することはできないのですが、授業内容を丁寧かつ正確にまとめたチャートとともに、「このプログラムで聴講した講義の中で最も分かりやすく、人生において大切な内容だと感じた講義だった」との感想を頂き、恐縮している次第です。

今年度の担当科目の一つである「政治学」では、通算10年以上塾講師を務めた経験を活かし、「高校の政治・経済が『建前的』な説明に終始し、ほとんど触れずじまいに終わる政治の『本音』に触れる」を基本テーマに据えているのですが、この方針が高校生の方にも好意的に受け止めていただけたのであれば、嬉しい限りです。

さて、去る6月に神戸で開かれた国際学会International Conference on the Social Scienceでの研究発表内容をまとめた公式議事録(official proceedings)が、この度、学会主催者団体のオンライン・アーカイブで公開されました。

The Diversity to Reflect Domestic Interests on International Trade Policy: Comparison of FTA Politics in Korea and Japan
https://papers.iafor.org/submission39103/

学会議事録というのは、学会発表の内容を文章化したもので、学術誌に掲載されるような査読付き論文とは区別されるものの、業界用語ではMISCという、広義の学術著作の一種に属するものです(その扱いは、学問分野によって若干の違いがあります)。

今回の著作は、米韓自由貿易協定(FTA)をめぐる韓国農民団体の反対デモ、および環太平洋パートナーシップ協定(TPP)をめぐる日本のJAグループの政治活動を比較分析したものです。

日韓は、対外貿易に依存する経済構造であるともに、国土が山がちであるなど、営農条件の悪い国です。従って両国では、財界が貿易自由化を支持する一方、農業部門がこれに反対する構図をとってきました。

このうち、農民団体と政府のコネクションが弱い韓国では、農民の反FTA運動は主に街頭でのデモによって行われ、そのデモが世論を喚起、政府から農業部門への補償金を約1000億円増額させるなど、政府への圧力として限定的ながらも作用しました。

他方で日本では、農民はJAグループの自民党政権へのコネクションを通じてTPPへの懸念を表明し、その結果、TPP発効初年度の国内農業予算として総額3200億円を確保するなどの「成果」を得ました。

本ペーパーは、このように、異なるロビー活動(=利益追求活動)を行いながらも、類似した活動成果を得た日韓の農政運動に着目することで、ロビー活動を行う政治的経路の多様性を指摘したものです。

昨年5月に刊行された査読付き論文'The Impact of Farmers' Resistance to Trade Liberalization: A Comparative Study on Political Process around FTAs in Korea and Japan'
の成果をさらに発展させたものであり、日韓の農政・政治過程の違いが浮かび上がるとともに、従来西洋諸国で主に発展してきたロビー活動をめぐる諸理論を、アジアでの事例を通じてさらに発展させることを企図しています。

昨年5月に刊行された論文と同様、オンラインで公開され、誰でも読めますので、英語を読むことに抵抗がなければ、ぜひご一読いただければと思います。
2018.07.30 / Top↑