FC2ブログ
9月4日から16日まで、約2週間ほど出張で韓国に行ってきます。

このうち、4日から6日までは自分自身の研究調査を行い、そして7日から16日までの10日間は、昨年も担当させてもらった明治大学と延世大学の学生交流プログラム(いわゆる「短期留学」と呼ばれるものです)の引率役を務めることになっています。

今年、高麗大学の大学院に留学してから丸10年を迎えた身として、日韓交流の最前線に立つ機会を頂けたことをありがたく思っています。

さて、研究者として、或いは教員として国際交流に関わる中で私は、数多くの学生と出会い、話をする訳ですが、当然、彼らの「外の世界」に対する関心の度合いは一様ではありません。

積極的な学生がいる一方で、外の世界へ出ていくのに躊躇している学生に出会うことも多々あります。というよりも、(多くの方にとっては容易に想像できることでしょうが)大学全体としては、海外渡航に消極的だったり、それを躊躇してしまう学生の方が多数派です。

率直この上ない言い方をすれば、

「魚が好きな猫は多いが、水に入って魚を捕りにいく猫は少ない」

という格言が的を射ていることを実感したりもする訳ですが、他方、一部の学生が「留学したとして、その先で上手くやっていけるか、その先の人生を切り開けていけるか…」という不安を打ち消せずにいることは、分からないでもありません。

私自身、自分自身で人生を切り開いてきた…などとはとても言えない経歴の持ち主です。そもそも、10年前に高麗大学に留学したのも、先方の教員から「うちに来ないか?」と誘われたことによるものです。他にも、明治学院で事務の仕事をするようになったのも友人の紹介によるもの、さらには昨年英文雑誌に研究論文を発表したのも、編集委員会からの薦めによるもの…と、自分の歩みを振り返れば、(精力的であり、アクティブであるという周囲の評価とは大きく異なり)自ら決断を下し、道を切り開こうとするよりも前に、他人に背中を押されてきた場面の方が目立ちます。(ただし、勿論、人生の各場面で私の背中を押してくれた方々への感謝の念は尽きません)

自力で人生を切り開いたなどとは到底言えず、背中を押されながら歩んできた私ですが、それでも上述のような不安を抱いている学生(というか、人生の後輩たち)に言えることがあるとすれば、それは、「一たび背中を押された、進みだした後は、後ずさりすることなく、止まることなく前へ進んできた」という点に尽きるでしょうか。

幼馴染である友人のお父さんで、子供の頃私を可愛がってくれた方がいるのですが、この方は会話の中で「できるでしょう?」「やれるでしょう?」という言葉をしばしば用いていました。それは私が成人してからも変わらず、

学部生の時→「英語と韓国語を両方修得中です」「できるでしょう?」

韓国留学直前→「半年ごとに学業成績の審査があって、成績良好と判定された場合のみ、次学期の奨学金が給付されます」「やれるでしょう?」

といった会話を交わした記憶があります。

このシンプルな、「できるでしょう?」「やれるでしょう?」という表現、言い換えれば「自分の可能性を信じる」ということになるかと思います。「自分に自信を持つ」ではなく、「自信はないかもしれないけど、とりあえず自分の可能性を信じてみる」と。

一たび背中を押された後は躊躇せず前に進む、という自分のこれまでの歩みも、そうして自分の可能性を信じてみる場面の連続だったと言えるかもしれません。

「自分に自信を持て」と他人から言われて初めて自信を持つような人間などまずいないでしょうし、私自身、自分に自信を持って主体的に道を切り開いてきたとはとても言えない人間です。

ただ、大学の世界に身を置く中、要所要所で他人に背中を押され、それを追い風として進んできた者としては、折に触れて「ここは一つ、可能性を信じてやってごらん。君ならできるでしょう?」と、人生の後輩たちの背中を(そっと)押すことはできるかもしれません。

いずれにしても、来週から私が引率を担当する学生の中には、今回初めて韓国へ行くという人もいます。韓国留学経験者としては、自分の関わる国際交流プログラムが、彼ら/彼女らの背中を(あくまでそっと)押すものになれば、と思っています。
スポンサーサイト
2018.08.31 / Top↑
IMG_20180806_105248.jpg

先週、エアアジアのプロモーション•チケットを使ってニュージーランドのオークランドへ行ってきました。

オセアニアの南半球部を訪れるのは、2015年11月のオーストラリア•ケアンズ以来となります。

IMG_20180805_152127.jpg
IMG_20180805_150448.jpg
IMG_20180804_170015.jpg

ニュージーランドといえば、自然豊かな島にして、人間よりも家畜の方が数が多いと言われるほど羊毛の生産や酪農、果樹栽培の盛んな国。イメージに違わず、100万都市オークランドも、都心から船や列車で1時間もいけば、広大な湿地帯や酪農地帯の中に身を置くことができます。

さて、豊かな自然と気候風土に恵まれ、農業の盛んなこの国は、隣国•オーストラリアと並ぶ農産物の輸出大国という顔も持っています(ちなみに、オーストラリアが得意とする輸出農産物は小麦粉。日本で食されるうどんの大半はオーストラリア原産のうどん粉で作られています)。国内人口が500万規模でしかないニュージーランドの政府は、自国の羊毛やワイン、そして酪農製品の輸出を積極的に推進してきました。その戦略は徹底したもので、外国への農産物輸出を促進する交換条件として、ニュージーランドでは農産物•食品への輸入関税はほぼ全面的に撤廃されています。

そして、先日アメリカを除く11ヶ国で改めて署名がなされたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)も、元はといえば、環太平洋諸国に農産物の輸入関税を削減させ、自国の酪農製品をより競争力ある条件下で輸入させようというニュージーランド政府の強い意思によって支えられ、推進されてきました。ニュージーランドはチリ、ブルネイ、シンガポールと並ぶTPPの原協定加盟国ですし、それに何より、TPPの原本はニュージーランド政府に寄託されています。

日本のTPP報道は、この協定が持つ「事実上の日米FTA(自由貿易協定)」という側面に光を当てる傾向が強かったように思います。無論、日本のメディアがそのように自国の視点からTPPを報じることは自然なことです。ただTPPには、オバマ政権時代に日本のメディアがしばしば報じた「TPPによって日本に自由化を迫るアメリカと、防戦する日本」という図式以外にも、貿易秩序をめぐる米中間の鞘当てなど、複数の重大な側面があることを見逃してはいけません。

地理的に欧米や東アジアから遠く、輸入品に輸送コストのかかるニュージーランドは、物価も少し高め。街中のフードコートでランチをとると、日本円で1000円以上かかります。

しかし、

IMG_20180804_210121.jpg
IMG_20180805_234257.jpg
(写真に写り込んでいるネコとカンガルーのぬいぐるみは、私が日本から連れてきたものです。特に意味はありません…)

ワインとブルーチーズは、それぞれ4NZドル(約300円)と手頃な価格で買える上、その味も高い水準に達しています。牛乳も安価な上に味が良く、現地滞在中は、毎晩ワインとチーズを口にしながら、その競争力の強さを実感していました。

日本国内にいて、かつ日本語のメディアにだけ触れていると、TPPのような多国間イシューも日本中心に捉えてしまいがちです。本業で国際交流に関わり、「国際化教育」にもいくらか関与する立場として、今回の旅行は、ドメスティックな枠組みにばかり依拠しない視点をいかに培養していくか、改めて考える機会となりました。
2018.08.11 / Top↑