201505221700084ae.jpg

20日から22日まで、北海道の稚内へ行っておりました。

2015052217012705e.jpg

古代ギリシアの神殿を彷彿とさせる防波堤があり、

201505221702071e9.jpg

野生動物も数多く生息する町・稚内。大変魅力的な場所です。

さて、一般には日本最北の都市と見られがちな稚内ですが、他方でこの町には、サハリンを目の前にした「国境の町」という面もあります。(本記事1枚目の写真を拡大すると、水平線上にサハリン島が写っているのが分かります)

201505221700100bc.jpg

1983年に起こったソ連機による大韓航空機撃墜事件の慰霊碑。ソ連領空で起こったこの事件の慰霊碑が稚内市にあることにも、道北と極東ロシアの近さが読み取れます。

この近さに加え、日本が一時期、サハリンを実効支配していたという経緯から、稚内とサハリンの間には中断を挟みつつも定期航路が設定されてきました。現在も、ハートランドフェリーによる稚内・コルサコフ間の定期便が毎年春から秋にかけて就航しています。

しかし、この稚内とサハリンを結ぶ航路、乗客数の伸び悩みから万年赤字の状態にあり、現在存廃の危機に立たされているのだそうです。

先月、私は所属学会のメーリングリストを通じ、同航路の来年以降の運行が危ぶまれているという趣旨のメールを受け取りました。メールの作成者は、私もお世話になったことのあるロシアの専門家。

そのメールには、「稚内・サハリン航路の存続が危ういが、稚内を単に日本の辺境と位置付けず、国境を越えた交流のゲートとしていく上で、同航路の存続は欠かせない」という趣旨も綴られ、続けて「ついては、フェリーの運行会社や道北の市民団体などが関わり、稚内・コルサコフ航路を旅程に含んだ東京発の道北・サハリン観光のモニター・ツアーを企画した。モニター・ツアーゆえ旅行代金も安いので、皆様是非ご検討を」(要旨)と、羽田から稚内経由でサハリンを巡るツアーの紹介がなされていました。

今回の稚内訪問で私も、稚内の方々がサハリン航路の存続を願い、道外の人々にもその利用を促そうとする姿を目にしました。日露交流の深化を希望する方々や、稚内地域経済の振興を希望する方々による、どうにかしてこの国際航路を存続させたいとする声も耳にしました。

ただ、それは容易ではないでしょう。上記航路を含め、日本から極東ロシアを旅行しようとすると、非常に高額な代金がかかるからです。時期によっては、東京・羽田から稚内経由でコルサコフ入りする費用と、東京・成田からアエロフロートでモスクワ入りする費用がほぼ同額ということも珍しくありません。後者の方が何倍もの移動距離であるにもかかわらず、です。

上記メールにあるモニター・ツアーの旅行代金も、モニター価格とは到底思えないほど高額でした。諸事情ゆえ、具体的な金額をここで書くことは差し控えますが、比較例としては、去る年末年始、私がパリで正月休みをとった際の旅行代金とほぼ同額でした。

現在の需要がないから航空券が値下がりしない、先方の宿泊施設が需要過多で強気の価格設定をしている、日本のエージェントに廉価で旅行を提供する気がない、そもそもロシアでオープンな市場メカニズムが作用しているとは言い難い…etc

色々と事情はあるでしょう。この辺は政治的事情も作用するところですし、また日本側だけではどうしようもなく、相手側のアクションを必要とするところでもあります。

しかし何れにせよ、ハイエンド(少数の富裕層)への特化を狙うのでない限り、国境の垣根を安価に越えるルートを確保することは、ボーダーレスな人および物資の移動と、それによる国境地域の経済振興にとって不可欠です。

そうした意味で今回の、15年4ヶ月ぶりとなる稚内訪問は、国境というものが持つ障壁性を改めて感じる機会となりました。
スポンサーサイト
2015.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/154-f2123d46