10926337_881813561895628_7307910102857853561_o.jpg

今日の夕方、明治大学に博士論文を提出しました。年末の口頭試問と、その後の学内手続きを経て、来年2月には博士(政治学)の授与の可否が決まる予定です。

論文の内容は、1960年代以降、政府主導の開発政策が進められ、ヒュンダイやサムスンなどの財閥に代表される工業部門が急成長を遂げた韓国が、その一方で農業部門の近代化にも成功したこと、そしてその背景に、政府指導者、とりわけ朴槿恵・現大統領の父親である元大統領・朴正煕の農村に対する強力なコミットメントがあり、かつそれが朴正煕の没後も韓国政治において経路依存性を持つようになったと論じるもの。

2014082716170000.jpg

昨年夏、ソウル市内にある朴正煕大統領記念館を訪問した際に撮影した、朴正煕の公式肖像画。

「貧困の克服と経済発展を成し遂げた独裁者」であり、韓国では今なお論争の対象であり続けている人物ですが、その命日(10月26日)を前に、「農政分野の実績について、今の自分の能力で客観的に分析しきれるところはやりきった」という思いです。

前置きが長くなりました。

先日富山で行った学会発表に加えてこの博士論文と、過去数週間、本業の方にかかりっきりだったためにほとんど準備ができていないのですが…、来たる25日、福岡市で開かれる即売会・第一回文学フリマ福岡の告知をいたします。

10月25日に福岡市天神で開かれる第一回文学フリマ福岡、私・高森純一郎はブース番号「い‐14」にて以下の3作品を頒布します。


『賢人支配の砂漠』(2014年作)…頒布価格:300円 

東京の大学で教鞭をとっていた在日韓国人三世の経済学者・鄭太植は、『在日』をめぐる左右両翼の論争に嫌気がさす中、中東・ドバイの大学から赴任のオファーを受ける。日本国内に留まることへの疲労感もあってそのオファーに応じた太植だったが、遊牧民の伝統を残すアラビア半島の部族社会は、やがて彼に「支配」をめぐる新たな考えを抱かせるようになる。
昨今の「アラブの春」にもかかわらず、絶対君主制を維持するアラビア半島諸国。その内面に目を向けることで、支配・統治のあり方の多様性を描き出します。

『疎遠なる同胞』(2011年作)…頒布価格:500円

インドシナに派兵された韓国軍によって両親を殺されたベトナム人少女。身の危険を感じた彼女は、当時の南ベトナム首都・サイゴンへと逃れるも、避難先で食いつないでいくため、韓国人従軍記者に雇われ、この記者の下で生活することとなる。やがて、共産軍が南へ侵攻、サイゴン陥落が目前に迫った段階で彼女は…。
外国人の兵士に肉親を殺され、他方同じ国の記者と暮らすことで生き延びた少女の視点から、戦争最末期のベトナムを描き出します。国籍やエスニシティ、或いは国民性といったフィルターを介して世界を見ることの危うさを感じて頂ければ幸いです。

『半島と海峡の狭間で』(2007年作/2014年改訂)
…頒布価格:300円


1970年代初頭、韓国大使館員として台北に赴任したキム・ギョンナムは、当地で日米両国が大陸・中華人民共和国に接近し、台湾が国際的に孤立するという状況に直面する。国民党一党独裁下の台湾と、軍事政権下の韓国。反共を国是とする両体制を行き来する彼は、しかし同じ資本主義陣営に属するはずの日米が大陸の共産党政権へと接近していく中、自国の、そして赴任先の政治体制に疑問を抱く。やがてその疑問は、彼の外交官としての立場を危ういものにしていき…。
冷戦体制下の1970年代、日米両国と同じ西側陣営に所属していながら、大陸中国との修交という選択肢をとることのできなかった反共分断国家・韓国の視点を通じ、東西両陣営の対立がアジアに残した痕跡を描写した作品です。


多くの方のお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト
2015.10.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/170-e9805945