昨日、第一回文学フリマ福岡に出店してきました。

私・高森は帰りの飛行機の都合で終了時刻よりも前に撤収させて頂いたのですが、それでも、持ち込んだ3作品中2作品が売り切れる好評ぶりでした。当ブースに足を運んで下さった皆様に御礼申し上げます。

今回の文フリ福岡は、イベント全体で見ても一般来場者数650人と、大いに盛り上がったようです。来年7月には札幌で開催、また同9月には盛岡で開催予定であるのに加え、再来年以降は更に開催地を広げる構想もあるようです。日本に限らず、世界的に見ても商業出版というものが人口数百万以上の大都市に集約されがちである中(例えば、洋書の世界的メジャーであるCambridge University PressやRoutledgeも、営業拠点はロンドンやニューヨーク、シンガポールなどの大都市に限られています)、メガシティ・東京以外にも文芸創作活動の幅を広げることは、思わぬ潜在的需要を掘り起こすものかもしれません。

なお、今回の文フリ、私は体調不良の中での参加となりました。市販の風邪薬を服用しつつ参加したのですが、その副作用で眠くなり、他サークルさんや来場者の方に起こされる場面が何度かありました。中には飴を下さる方がいて、それで眠気を紛らわす場面もあり…御礼申し上げるとともに、お詫び申し上げます。

次回の即売会出店は11月23日の文学フリマ東京。今度は、体調に万全を期した上で参加したいと思います。
スポンサーサイト
2015.10.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/171-942e65c3