201603280006219d6.jpeg
昨日開業した北海道新幹線に乗りました。

私が初めて青函トンネルを通過したのは、今からちょうど20年前である1996年、中学1年生の時でした。

当時の函館駅には青函トンネルについての常設パネル展示があり、そこには「このトンネルは将来、新幹線の運行にも用いられます」という旨が、イラスト付きで説明されていました。

まだ東北新幹線が盛岡止まりだった頃のこと。夢の超特急が北の大地を駆け抜ける「将来」など、あまりにも遠い未来のように感じられたものです。

しかしその後、新幹線は八戸、新青森へと延伸していき、今回、北海道新幹線が新函館北斗まで開業しました。

20160328000622bf3.jpeg
青函トンネルに入った直後の車窓。海底トンネルという構造上、大量出水が恒常化している同トンネル内は90%という高湿度状態にあります。そのため同トンネルに入った列車は、このように窓ガラスの外側が曇ることがしばしば。新幹線が北へ延びた…換言すれば、かつてあまりに遠く感じられた「将来」がやってきたことを実感した瞬間でした。

半世紀前、東海道新幹線開業に先立って刊行された『東海道新幹線』(角本良平著、中央公論社、1964年)という本には、次のような一節があります。

「時速200キロの鉄道は、今まさに開通しようとしている。しかしこれは、新時代の鉄道の完成ではなく、その出発点である。我々は今後、より多くの改良がこの鉄道に加えられることを期待したい」(はしがきより)

北海道新幹線をめぐっては、その需要に対して悲観的な意見も少なくありません。確かに、需要を自ら作り出すという意味では、これほどまでに鉄道関係者の営業スキルが問われる新幹線は他になかったと言えるでしょう。

しかし、より高い営業スキルを身につけ、新たな路線の需要を喚起していくこともまた、鉄道に加えられる重要な「改良」です。この新たな鉄路に、技術・営業の両面で多くの改良が加えられるよう願っています。

201603280010366dd.jpeg
函館から東京へ戻った後、そのまま所属先である明治大学へ向かい、自身の博士号授与式に出てきました。

今春、私は博士(政治学)の学位を授かり、4月より同じ明治大学の政治経済学部で講師を務めることになります。

博士号の取得と、正規授業の担当というのは、研究者として一つの区切りにはなりますが、こちらもまた、政治学のプロフェッショナルとして「出発点」に立ったのだという認識の下、自身に一層の改良を加える契機にしたいと思います。
スポンサーサイト
2016.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/187-4656bce3