去る10月に神戸で行った学会発表の議事録(=ポスターと口頭での発表内容をペーパーにまとめたもの)が、本日、学会主催団体のウェブサイトで以下の通り公開されました。

http://papers.iafor.org/submission32012/

日韓の農業団体が展開する反自由貿易運動を比較し、「日本の農協が自民党に強い影響力を持ち、貿易自由化を阻んできたのに対し、韓国の農業団体が同国政府の自由貿易協定(FTA)推進戦略を阻止できなかったのは何故か?」という疑問に対し、答えを提示する内容です。

日本と同じく、長らく保護農政を続けてきた韓国が、なぜ近年になって農政を改革し、迅速な貿易自由化に踏み切ることができたのかという疑問は、社会科学界隈でしばしば議論されてきました。

上記リンク先の議事録でも書いたように、この疑問に対する通説は「韓国では大統領のリーダーシップが強いから」というものですが、本研究ではこれに加え、「韓国では農業団体のロビー戦略が失敗したから」という点を指摘しています。

すなわち、日本の農協が選挙での集票など巧みなロビーを展開し、農政改革の本格実施を阻んだのに対し、韓国の農業団体は過度に教条的な反自由貿易思想にこだわった上、街頭デモなどインパクト重視の活動に偏り、大統領や国会議員への実質的影響力を強めずにいたため、農業市場の対外開放を阻止できなかったというのが、本研究の要点です。

後日発表予定の査読付き論文と違い、あくまで発表議事録であるため、論理的には詰め切れていない箇所が多いのですが、昨今の大統領弾劾発議の件にも見られるように、韓国は街頭デモの非常に多い国。そのデモの特徴や限界を見る上で、本ペーパーの議論は一定程度参考にできるのではないかとも思っています。

すなわち、韓国の市民団体は活発に街頭デモを行っており、そのインパクトの大きさにしばしば注目が集まるものの、政府や議会への影響力(ロビー能力)は、実はあまり強くない…韓国政治の研究者として資料分析やフィールドリサーチを重ねていると、そのように感じる機会が多々あります。本ペーパーで取り上げた農民団体も、あるいは昨今の朴槿恵政権の退陣を求める市民団体も、そうした桎梏から自由になりきれていないという点では共通しているかと思うのです。

そうした見立てが正しいのかは、現下の弾劾政局も視野に入れつつ、今後精査していきたいと思っています。

さて、2016年も残すところ半月となりました。

私にとって今年は、正規の授業科目や大学院生の学位論文の添削を担当するなど、本業で大きな変化を経験した1年となりました。

「名目上」の教員という色合いが強かった助手の時と違い、現在の自分は名実ともに(というか問答無用というか)教員の立場。論文添削を担当している大学院生から「お世話になっているので」とお茶を贈られる場面もあったりと、自分の扱いに戸惑いを覚えることも多々ありました。(さすがに院生からお茶をもらった際は「次からはこういうものはいらないですよ」と言いましたが…)

私の場合、専門分野の都合上、中国や韓国など、師を尊ぶ文化圏の学生と接することが多いため、「偉い人」にはなってしまわないよう特に神経を使っているのですが、他方で、先日開かれた職場のパーティでは、ある人から「あなたは偉くなるべきだ」とも言われました。曰く、これまで多くの投資を受けてきた以上は、偉くなる責任がある、と。

無論、日韓双方の大学から受給した奨学金をはじめ、自分に投下された資金や手間を無駄にしてはいけないと、常に意識してはいるつもりです。ただ、そうした意識と、尊大にならないという思いを両立させつつ、私が自身の教員としての立ち位置を固めるには、もう少し時間を要するかもしれません。

本年のブログ更新は、本記事を以って終了となります。今年一年、各地の即売会でお会いした皆様に、改めて感謝申し上げます。来年も、私・高森は2月の静岡文学マルシェを皮切りに、各地の即売会に出店する予定ですので、引き続きご愛顧頂けますと幸いです。

それでは、楽しいクリスマスを、そして、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2016.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/216-a65a12e3