日付の上では昨日となりますが、静岡市内で開催された同人誌即売会、静岡文学マルシェに出店いたしました。私•高森純一郎のブースは、閉場2時間前の15時頃、持ち込んだ20冊が売り切れたため、一足お先に撤収させて頂きました。当ブースにお立ち寄り下さった皆様に、御礼申し上げます。

0212.jpg
今回のイベントでは、ロシアケーキやビスケットなどの差し入れを頂く場面もありました。こちらについても、厚く御礼申し上げます。

昨年夏の試験開催に続き、初の本格開催となった静岡文学マルシェですが、地元の店舗やメディアと密接なコミュニケーションがなされており、地方イベントとしては極めて円滑に運営されていたように思います。

おそらくそれは、今回のイベントの運営の方々が、スノドカフェ七間町という、地域に根差した協力者を得たことも大きいのかもしれません。この度の出店のため、静岡県庁近くの宿に泊まったおり、宿のスタッフの方から伺ったのですが、今回の前夜祭会場ともなった同カフェは、地元の方々から大変親しまれ、愛されているのだそうです。

静岡、浜松と、日本全体で見れば決して小さくない都市圏を抱えており、文芸関連のイベントに対する「需要」も相応に有している静岡県ですが、これまで三大都市圏の中に埋没し、イベントの「供給」は不充分で、イベントにも馴染みのないところがあったのかもしれません。こうした事情もあってか、運営の方々は「即売会の初心者も入っていきやすい雰囲気作り」に心を砕いていらっしゃいましたが、入り口近くのブースで見ていた限りでは、そうした努力はかなりの程度、奏効していたのではないかと思います。文芸関連のポテンシャルが小さくない地域だけに、今後、このイベントが継続し、未だ潜在している静岡の文芸の可能性を顕在化させていければと願っています。

次回の私の即売会出店は5月7日の文学フリマ東京、その次は5月21日のCOMIC CITY 福岡です。多くの方のお越しをお待ちしています。

0211.jpg

なお、今回の静岡訪問では、イベントに先立ち、20年ぶりに大井川鐵道のSL急行にも乗りました。

イギリスやオーストラリアなどへ行くと、蒸気機関車の保存が「産業遺産の保護」と認められ、有志の寄付を集めている場面をよく目にします。しかし、同地を走るSL列車は、民間企業、それも、経営基盤の脆弱な地方私鉄によって支えられています。

そうした条件下で、40年にわたって蒸気機関車を運行しているというのは、まさに超人的な努力の賜物といっても過言ではないのですが、やはり過疎地域を走る大井川本線の運営は厳しく、現在同社は地域との一層の連携を模索しつつ、経営再建中。こちらも、地域の潜在可能性が顕在化すれば...と願わずにはいられませんでした。
スポンサーサイト
2017.02.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/223-9f5ba4db