IMG_20170223_122913.jpg

2月21日から26日まで、メリーランド州ボルティモアのヒルトン•ホテルで開かれたISA (International Studies Association) の第58回年次大会で研究発表を行うため、訪米しておりました。

私は、東アジア政治という国際色の強い分野を専門にしているということもあり、院生の頃から毎年最低1回は英語(場合によっては韓国語)による国際学会での発表を行うようにしています。ただ、昨年発表を行った2回の国際会議が、東京および神戸と、いずれも日本国内を開催地とするものであったため、今回は一昨年夏の韓国政治学会以来、1年半ぶりの日本国外での研究発表となりました。

今回発表を行ったISAは、国際関係や国際開発を専門とするものとしては北米最大の学術団体。そうしたバックグラウンドも手伝って、今回のセッションでは、欧米やアフリカなど、様々な地域からの参加者と議論を交わすことができました。

今回の私の発表内容は、簡単にまとめると「経済発展は、しばしば都市と農村の激しい所得格差をもたらすが、韓国では都市と農村が並行発展した。それは、政府が農産物の増産を進めつつ、同時に、財政負担をしてまで農家から農産物を高く買い上げたからである」というもの。発表に続く討論の時間では、中国およびナイジェリアという、現在進行形で農村の貧困問題を抱えている国の方々と意見を交わすことができました。

無論、途上国の農村の貧困は根深いものであり、容易には解決策が出ないものです(ちなみに、少しだけ専門的な話をしておくと、貿易の自由化が進んだ今日では、上の韓国の事例のように、政府が農産物価格を人為的に操作することは困難になってきています)。しかし、そうした難問であるからこそ、プロフェッショナルは様々な解決策を試行錯誤的に練っていかなければなりません。発展途上段階の農村の貧困問題に上手く対処し得た事例の分析という私の研究が、何らかのcontributionになれば幸いです。

IMG_20170225_104910.jpg

学会の後は、アムトラックの列車に乗り、ニューヨークへ北上しました。

IMG_20170225_124248.jpg
IMG_20170225_153102.jpg

11年ぶり3回目となった今回のニューヨーク訪問では、メトロポリタン美術館へ行った後、同館の背後に広がるセントラルパークを歩きました。物語の書き手からみると非常に「絵になる」場所でもあるので、今後の作品では是非この公園を登場させたいと思っています。

<おまけ>

IMG_20170224_115829.jpg
IMG_20170224_122812.jpg

学会での発表が終わった直後、ボルティモア市街地の外れに位置するボルティモア・オハイオ鉄道博物館へ行きました。さいたま市にある鉄道博物館と姉妹館にもなっている博物館なのだそうです。

アメリカの鉄道といえば、20世紀半ば以降は自動車と航空機に押され、半ば貨物輸送に特化している感がありますが、学部生の頃、ジョージア州を寝台列車で駆け抜けた際は、食堂車でいかにもアメリカンな肉厚なステーキを食しつつ、大陸らしい雄大な車窓を満喫した思い出があります。今回の訪米では、幹線区間であるワシントン~ニューヨークのみの乗車となりましたが、いずれまた、ゆったりと時間をとり、アメリカの汽車旅を楽しみたいと思っています。
スポンサーサイト
2017.02.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/224-ca2a9866