IMG_20170604_113604.jpg
過日、バニラエアのセール運賃「わくわくバニラ」で成田•函館の往復航空券を購入したので、この航空券を使い、土日に当たる6月3日、4日、函館へ行って来ました。

IMG_20170604_125011.jpg
今回は五稜郭公園を訪問。7年前に復元された箱館奉行所を見学しました。

近世史を学んでいるとしばしば目にする奉行、ないし奉行所という言葉。一種の地方行政官だということは頭で分かっているものの、感覚としては今一つ馴染みがないというのが、私を含めた多くの人の理解度なのではないかと思います。そんな中、こちらの施設は、近世の奉行制を感覚として理解するのに大いに役立ってくれました。

さて、先月末、名古屋にある学術団体International Academic Forumから刊行された英文ジャーナルに、私の査読付き論文が載りました。

'The Impact of Farmers' Resistance to Trade Liberalization: A Comparative Study on Political Process around FTAs in Korea and Japan'
https://iafor.org/journal/iafor-journal-of-politics-economics-and-law/volume-4-issue-1/article-3/

オープンアクセスなので、誰でも無料で読めます。

この論文、元々は同団体が昨年10月に神戸で開いた国際会議での発表のproceedings(議事録)として書いたものなのですが、その後、この議事録を読んでくださった同団体のジャーナル担当の方から「a really good paperなので、査読意見に沿って修正することを条件に、ジャーナルに載せたい」というありがたいお声がけを頂いたという経緯があります。この業界では、査読付き論文は議事録よりも業績として重要視されるので、投稿料の負担もなく、いわば業績を格上げしていただいた形です。関係者の方々には、改めて御礼申し上げます。

論文の内容は、「日本と韓国は、農業の国際競争力が弱く、従って両国の農民団体は、一貫して自由貿易に反対している。しかし、日本では農協の強力なロビー活動が政府の貿易自由化政策を遅らせたのに対し、韓国では農民団体が政治的にほとんど無力だった。それは何故か?」という問いに、「日本では農協が選挙での集票を政府•与党との交渉カードに使ったので、政府に影響力を行使できたが、韓国では農民団体のロビー活動が教条的に過ぎ、政府•主要政党との間で票と政治的便宜の交換関係が生じなかったから」と答えるものです。

多くの方に読んでいただけると幸いです。
スポンサーサイト
2017.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/236-790e1f44