IMG_20170625_133844.jpg
初台にある新国立劇場で、バレエ「ジゼル」を見てきました。本日の公演でジゼル役を演じられた方は、2年前に新国立のバレエ団に入団されたソリストの方だったのですが、その美しい動きを以ってして観客を惹きつけるという方でした。見ている側の私は瞬く間に物語の中へと感情移入していき、気がつくと2時間が経っていました。

今年秋からの2017/2018シーズンでは、同劇場バレエ団は「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と、チャイコフスキー三部作を全て上演するとのこと。今から楽しみです。

IMG_20170624_132119.jpg
さて、6月22日から24日まで、ソウルの延世大学で開かれていた韓国政治学会の国際大会に出席しておりました。

同学会は毎奇数年、国内外の研究者が出席する形で大規模な国際大会を開いており、私の参加は一昨年に続き2回目。普段英語と日本語で学会発表を行っている私にとっては、韓国留学時の知人と再会する機会であると同時に、韓国語で研究発表を行い、韓国人研究者と討論を交わす貴重な機会にもなっています。

今回の私の発表テーマは、「農産物貿易をめぐる国内政治の日韓比較」。長らく農協が強力な圧力団体として機能し、政府の貿易自由化政策を阻止してきた日本に対し、韓国の農業団体が政治的影響力を持ち得なかった点を、理論的にどう説明するのかを問うものでした。

討論者や聴講者の方々との議論も交える中で浮かび上がったのは、韓国では農業団体のような圧力団体のロビー活動を排除するという民主化以前の政治過程が民主化後も持続し、かつそれが民主主義と共存しているという点。

圧力団体を排除する政治慣行を「非民主的だった時代の残滓」と位置付けるのは容易ですが、ここで留意すべきことは、非民主体制の下で形成された制度や規則が民主化後も行き長らえ、かつ民主主義と奇妙な共存関係を築くというのは、決して珍しくはないという点。

例えば、目下議会選挙が行われている東京都。同地の自治を執行する都庁は、旧東京市にあたる23区を代表する機関なのか、それとも旧東京府にあたる都下の市町村部を代表する機関なのか、法的には曖昧なところがあるのですが、そもそもこの機関は、70年あまり前に戦時体制の一環として作られたもの。戦時体制の産物ともいえる機関が、実に半世紀以上に渡り、民主主義国家•日本の首都の自治を担ってきたのです。

あるいは、農政の分野でいえば、1993年のウルグアイ・ラウンド協定受け入れを経て廃止された食糧管理法という法律は、戦時中の配給制を円滑に行うための法律でした。そのような法律が、民主化し、経済的に反映した日本で長らく効力を有していたのです。

こうした事実は、民主化の前と後で連続性を持つ政治上の制度や慣例が、一般に思われている以上に多いことを意味しますし、そして、「民主主義と非民主主義」という二分法が、両者の間に存在する連続性を覆い隠してしまうことも示唆しています。今回の学会発表では、そのことを改めて意識する機会となりました。
スポンサーサイト
2017.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/239-5ab5224c