IMG_20171027_094048.jpg
10月26日から27日にかけて、イタリアの国立ローマ第三大学で開催された国際学会7th International Conference on Food Studiesに出席して参りました。食糧研究という、自然科学から社会科学まで、多様な分野を含みうる極めて学際的なテーマの会議であり、私としても理系の研究者らと場を共有するという、貴重な体験をさせていただきました。

IMG_20171027_131902.jpg
当然、私も研究発表者の1人であり、ポスター発表を行いました。

ポスター発表というのは、上の写真のようにA2版、大きい場合にはA0版ほどの大きさの、自分の研究内容をまとめたポスターを学会会場内の指定場所に指定時間帯に貼り、観覧に来てくれた人に、発表内容を手短に(私の場合は1分前後を目処にしています)口頭で説明するというもの。観覧者がその内容に興味を持てば、その後発表者とのインタラクティブな会話に発展していきます。

パワーポイントを使い、20分程度かけて話をするという、いわゆる口頭発表に比べ、伝えられる内容は限られてしまう上、手短に話をするスキルが問われる発表形態といえます。概ね、口頭発表よりも学会主催者側の審査·採用基準も緩く、率直に言えば研究業績としての位置付けもさほど高くはないのですが、今回は手短に発表内容を伝えるスキルを維持するという観点から、およそ1年ぶりに口頭ではなくポスターでの発表を申請しました。

発表内容は、「国家が強い主導権を持ってきた韓国農政においては、有機農業も、市場における消費者の需要ではなく、政府の普及策が主導する形で広まってきた。しかし、その普及策はインフラなどハード面に偏重しており、消費者の需要喚起といったソフト面が遅れている」という政策レビュー。セッションの席上では、台湾大学の研究者らと話し込み、名刺を交換する機会も得るなど、充実した一時となりました。

IMG_20171026_132300.jpg
IMG_20171026_131744.jpg
学会終了後はローマから足を伸ばし、バチカンと同じく四方をイタリアに囲まれた人口3万人ほどのミニ国家·サンマリノ共和国へ。

ローマ皇帝の迫害を逃れたキリスト教徒が樹立したというこの国は、世界最古の共和制国家。ローマ軍も安易に追ってくることができなかったという険しい地形の上にある首都サンマリノ市は、今日では絶景を堪能できる街として、多くの旅行客が訪れる地となっています。私も、こうした風景を眺められるレストランで昼食を頂き、至福の一時を過ごさせていただきました。

IMG_20171027_173043.jpg
今回のイタリア渡航で再訪したバチカン。特殊な歴史的経緯ゆえ、人口数万人、あるいはそれ以下の規模の国がヨーロッパにはいくつもあります。こうしたミニ国家のあり方やしたたかな外交戦略に触れてみると、大国志向とは異なる、そして今後日本人にとって、多分に参考となるエッセンスを得ることができます。そうした意味で、ヨーロッパには、まだ訪れるべき土地が多々ある…今回の渡航では、そう感じる場面もありました。
スポンサーサイト
2017.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://takamorijunichiro.blog.fc2.com/tb.php/253-c2c78cd5